大人が本気で遊ぶログ

人生は、遊びだ。

考え方

「本を読め」と言われたことない私が、読書するメリットを考えた

本を読むと、どうやらいいことがあるらしい。 私は「本を読め」と言われたことがない。文字を覚えるのと同時に、すぐ読み始めたからだ。親戚からのプレゼントはいつも図書券だったし、それで幸せだった。 だからといって、他人に「本を読んだほうがいいよ」…

図書館の本を積ん読するのはやめて、ちゃんと買うことにした

↑これは、メキシコシティにある市立図書館です。行ったことないけど。 メキシコって、現代建築すごいんですよ。あんま知られてないけど…。 さて、図書館の本が読みきれなくて34歳にして「本を買う」と決めたお話。

日本が嫌で海外に飛び出した私が、2年で帰ってきた理由【後編】

井の中の蛙状態が嫌でメキシコに飛び出したわたし。 日本には、親が倒れでもしない限り帰るつもりはなかった。やっと実家を離れた学生のように、自分が選んだ場所で、第二の人生を始める気でいた。

日本が嫌で海外に飛び出した私が、2年で帰ってきた理由【前編】

いつから「出たい」と思ったのか。いつから息苦しく思ったのか。 きっかけは何度かあった気がする。

【オフ会考察】月収30万以上のランサーたちが稼げる理由を考えた

この写真を撮るために、京都まで吉見さんに会いに行ってきました!! (ウソですランチ食べただけです) この3か月でオフ会を7回した。 ランサーズに登録してすぐ、Twitterにライター用のアカウントを作りました。 それから3か月でライターオフ会に7回行…

「書けば叶う」を実践して結婚までした私の話

↑2年前の七夕に、日本語学校で書いた短冊。 このころどフリーでしたのでね、ええ。 「願いごとは書けば叶う」と言われますが、私の場合ちょっと怖いくらいに叶いまくっている。

「フィデルが死んだ後のキューバがどうなるか誰も知らない」そう彼はハバナで言った。

「もしフィデル・カストロと弟のラウル・カストロがどちらも死んだら、そのあとキューバはどうなるの?」 5年前、キューバの首都・ハバナの日本語学校で彼らに質問した私は無邪気だった。 年をとったとはいえ、フィデルはたまにキューバのテレビに出ていた…

トランプ大統領誕生で心配な3つのこと

ライター生活とは直接関係ないが、世の中の盛り上がりに書かずにはいられない。 大統領が決まる前は、私も単純に 「トランプが大統領になったらTPPはなくなるな~。ヒラリーも表向き反対って言ってるけど実際どうなるんやろ…。 沖縄基地問題は進展するんやろ…