大人が本気で遊ぶログ

人生は、遊びだ。

本気でやりたいことほど、がんばらない方がうまくいく

f:id:hitomicubana:20170720192412j:plain

先日、京都オフ会で高収入ハムスター、とっとこランサーさんに聞かれた。

 

「ヒトミさん、収入どれぐらい行きそうなんですか?」

 

とっとこさんといえば、副業でライターを始めたころからきっちり目標を立て、順調に収入を伸ばされた方。今月の月収は80万予定だとか。

tottokolancer.blog.jp

 

そんなとっとこさんに聞かれて一瞬「ウグェッ…」と思ったものの、堂々と答えた。

 

 「ん~~、そんなにガツガツがんばりたくないんですよねぇ~~」

 

一瞬、とっとこさんの鋭い前歯に噛み殺されるかと思ったが、

 

「あ~、ですよね~。働きたくないですよね~~…」

 

という、答えが返って安心しかけ……てる場合じゃない。

とっとこさん、月収80万。私の月収、やっと10万超え。

 

これは本来、並んでお茶してるレベルじゃないでしょ。とっとこさんに、フレンチのフルコースをおごってもらっても構わないレベルでしょ?(待ってます)

 

私も最初は、とっとこさんのブログを読み、「ある程度稼げるようになるまで、走り続けよう…!」と決心していたにも関わらず。

月収10万超えたあたりから、私の気持ちは別方向に動き始めた。

いったい、な~ぜ~。

 

がんばると早めに力尽きる性格

f:id:hitomicubana:20170317195521j:plain

思い立ったらすぐ行動してしまう。考えるより先に体が動いているので、「やりたいこと」を探した記憶があんまりない。

仕事でもなんでも、新しい分野にはかなりのハイテンションで挑む。

いろんな情報を集めて、質問して、実行して。ハマると24時間そのことを考え続けるので、覚えるのも早い。

 

そんな感じなので仕事の研修ではだいたい、同期の中で一番できるタイプ。上司の覚えもめでたく、期待のニューカマー。

 

しかしその後、だいたい1か月で飽きる。

 

ハマって、飽きて、辞めては落ち込むの無限ループ

f:id:hitomicubana:20170317200618j:plain

20代のころは、自分のエネルギー燃焼ペースがわからなかった。

昨日まであんなにやる気だったのに、朝起きたらもう行きたくないのだ。

雨が降ってることに気づいた瞬間、何もかも嫌になるのだ。

 

自分でもなんでそんなことになるのか、よくわからなかった。

友達に「あの仕事、辞めた」と言うたびに

 

「え~、最初めっちゃおもろい仕事ってゆってたやん!」

 

と驚かれた。なんだか、自分がすごく社会不適合者のような気になった。

 

私なんて、何やっても最初だけで全然続かないし、口ばっかりだし、もういやです……(三角座り)

 そんなことのくり返し。

 

自分との付き合い方がずっとヘタクソだった

f:id:hitomicubana:20170317201801j:plain

そんな私でも、周囲の人に恵まれると、仕事には飽きても何とかがんばれた。

 

20代後半で、一応、人を指導する立場に回ったりもした。今度は誰かが「辞めたい」と言ったときに、止める立場。

見ていると、適当に休みながら続けている子より、全力でがんばった結果、体や精神が追いつかずに辞めていく子が多かった。

 

かくいう私も、仕事中は100%を目指し、インフルで39度熱が出てるのに気づかなかったり、膀胱炎で1か月熱が出続けてるのに風邪だと思ってそのまま過ごしたりなど、「休みたい自分」を常に無視していた。

 

なまけちゃダメ、絶対。本当は休みたがりのサボりたがりなんだから、できる限り走り続けないと。止まったら、きっとまた何もかも嫌になっちゃう。

 

他人には簡単に、

「休みなよ」

「がんばりすぎだよ」

「そこまでしなくていいよ」

って言えるのに。

 

自分で自分を追い立てる毎日は、今から思うととてもしんどかった。

 

走らなくても、前には進める

f:id:hitomicubana:20170317202053j:plain

ライターを始めたときも、最初は走った。

やっぱり、一番走りがいがあるのは最初だと思う。知識もぐんぐん吸収するし、やればやるだけ技術も伸びる。

 

「とりあえず生活のために10万は稼がないと」

 

ささやかな目標のために走り、そして達成した。だから今はとっても満足。

 

フリーライターの人たちが、もっと稼いでいることは知っている。

もっと詰め込んで書けば月収20万はいけるだろう。

 

でも、やりたくない。だって飽きたくないから。

 

ライターの仕事は面白いし、もっと勉強したい。でもやみくもに仕事を詰め込みすぎて、スカスカにはなりたくない。

実際に、朝から晩まで毎日書き続けていた月よりも、日曜の半日だけ休んでいる今のほうが調子はいい。

ゆくゆくはもっと稼いで、もっと休みたいと思っている。

 

とりあえず今走れるだけ走って、さっさと収入を上げてしまう、という方法もある。でも私は、焦らない。

 

誰との勝負でもなく、自分の「飽き性」に勝つために。

なにごとも続けなければ先には進めない。

そして長く続けるためには、ユルくてもやる気と向上心を保ち続けることが、必要だと思うから。

 

20代の自分がこのことに気づいてたら、今ごろ果たせていたことがたくさんあったろうなあ。まあ、仕方がない。それも含めて、全部自分の人生だ。