ランサーズ×吉見夏実!!月収20万円突破セミナーが超実践的だった

↑セミナー講師の吉見夏実さんと、稼ぐハムスターとっとこランサーさん。

二人の月収を足した額だけでいいから、ほしい。(推定100万以上)

 

大阪・梅田で行われた「稼ぐためのセミナー」

吉見さんといえば、ノマド的節約術などで多くの記事を執筆するライターである一方、地方を飛び回って「クラウドソーシングを活用した、時間と場所にとらわれない働き方」を提唱しているセミナー講師でもある。

 

そんな彼女が、ライター向けの「稼ぐためのセミナー」を開催するというので、さっそくライター友達の辰巳さんと一緒に行ってきた。

ちなみにこれは、ランサーズさんも初の試みだそうだ。

 

とりあえずお腹すいたのでごはんを食べた

この日の大阪は暑かった。最高気温が何度かも聞きたくないほどだ。

これは、セミナー会場にたどり着く前に夏バテで倒れてしまうかもしれない。

 

危機感を覚えた私と辰巳さんは、まずおいしくて辛いタイ料理ランチをいただくことにした。

f:id:hitomicubana:20170804170611j:plain

/ トムヤムクン\

かっらー、うっまー。

f:id:hitomicubana:20170804170650j:plain

/ 伝家の宝刀、グリーンカレー\

 

大変満足し、話にも花が咲いた私たち、気づけばセミナー時間がもう目の前に迫っていた。

f:id:hitomicubana:20170804170747j:plain

/ ขอบคุณ ค่ะ~\

ここおいしいから、梅田に来たらぜひ行ってみてね。

タイ料理 スワンナプームタイ 大阪

 

いよいよセミナー会場へ!!

f:id:hitomicubana:20170804171218j:plain

/ わあ…なんだか怪しい…\

セミナー会場の目と鼻の先でごはんを食べていたのに、着いたらもうランサーズの人のご挨拶が始まっていた。(ただの遅刻)

 

セミナーはこのような構成。

・前半1時間 吉見さんが月収の壁を突破した方法

・後半1時間 ランサーズの人も交えたディスカッション

・質問コーナー

 

そしていよいよ吉見さんが登場。

f:id:hitomicubana:20170804171553j:plain

/ アイ ハブァ ペェーン…\

 

最初の自己紹介では、当時シングルマザーで年収200万円だった吉見さんが、ランサーズに登録し、半年で月収20万を超えたことなどをさらっと紹介。

 

ここから、話はぐいぐいと実践的な方向に入っていく。

たとえば、

・未経験ライターからプロフェッショナルとして仕事していく方法

・ランサーズで仕事をとるために具体的にとった行動

・ここを工夫すれば他と差がつく!

などなど…。

 

今回は「ランサーズ主催の、ランサーズを使ってる人向けのセミナー」のため、具体例を交えたリアルな「稼げる方法」が明らかに。

とくに印象的だったのはこの人の背中。

f:id:hitomicubana:20170804172144j:plain

あれ、月収20万なんてとっくに超えてるはずのこの人が、めちゃくちゃ熱心にメモとったりうなずいたりしてる…。

 

すでに稼いでいるのになお、自分以外の成功者から吸収しようとするその意欲。

DO・N・YO・KU・・・。

 

会場を埋めつくす人々も、1時間しゃべり続ける吉見さんの話をひと言も聞き漏らすまいと、メモを取る手を止めない。

しゅごい。

それほど、吉見さんからは次々と、本当に濃い体験談や実践論が飛び出してくる。

 

しかし。

ここで大変残念なお知らせ。

こちらのセミナー、有料につき、、

f:id:hitomicubana:20170804172526j:plain

内容、非公開。(エェーーーーーッ)

 

かんにんね。うちもツライんやで。

 

でも、ここで朗報!

今回のセミナーは? 「月収20万突破セミナー」

8月11日に出版される吉見さん初の書籍の名前は?

頑張っているのに稼げない現役ライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書
(ドォーーーーン!!)

 

え~、ちょっと待って、これってもしかして…

 

今回のセミナーの内容と、本の内容が、

 

なまらかぶってるゥ~~~~!?

(♪君の前前前世から僕は、ずっと稼ぎ続けたよ~)

 

…てへ☆

f:id:hitomicubana:20170804173042j:plain

 

というわけで、セミナーに来られなかった方は、来週発売のこの本をポチれば、吉見さんの実践した「稼ぐための方法」がわかるに違いない。

しかも、セミナーは「ランサーズでの稼ぎ方」がメインだったけれど、書籍の方は稼げない現役ライターすべての人に向けて書かれている。

もしかしてだけど~、もしかしてだけど~、セミナーの内容が深堀りされてるんじゃないの~♪

 

ちなみに今回のセミナーの参加費は、初めて価格の2,000円でした。(やっす)

じゃあこの頑張っているのに稼げない現役ライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書はおいくら万円なの?ううん?

 

なんとまあ、1,620円ですって!(エェーーーーッ)

f:id:hitomicubana:20170804173815j:plain

/ まじか…\

 

そうは言っても、もちろんセミナーだからこそ聞ける話というのはある。

それが、後半で展開された「ランサーズの社員さんとのディスカッション」だ。

 

ランサーズの人はクライアントたちのひみつを握っていた

当たり前なんですけど、ランサーズの社員さんたちは、日々我々のクライアントさんたちとも触れ合ってるわけです。

そいうわけで、後半は「ライター目線」だけでなく、限りなく「クライアント目線」に近い稼ぐ方法を聞くことができました。

これ、貴重!

 

具体的な内容が書けないのが本当に悔しくて、涙でまくらを濡らしては朝起きてヨダレとまちがえるレベルですが、1つだけ、どうしても伝えたいことがある。

 

それは、クライアントさんの中には、私たちライターよりもクラウドソーシングを使い慣れていない人がたくさんいるということ。

そうするとどうなるか。

いったいいくらで発注すればいいかわからず、相場よりもかなり安い値段で発注してしまう。

ランサーズを使っていて、「この案件、書けそうだけど単価が安すぎる…」と思った場合は、いくらならこちらが損せずに書けるか、最初からクライアント側に伝えて交渉してもいいそうです。

 

むしろ、クライアント側に相場をわかってもらうためにも、どんどんライター側から希望単価を提案していって欲しいとのこと。

もちろん高単価を提示する場合は、その根拠となる理由(作業時間など)も一緒に伝えたほうがいいですけどね。

 

もし依頼内容や単価設定に悪質さを感じたら、ランサーズのサポートや各提案ページにある「違反申告をする」などから意見を送ってください、とのことでした。

ランサーズさんはそういったユーザーの声をかなり大事にされてる印象です。

 

質問コーナーの最後は「ここが変だよランサーズ」大会みたいになって、ユーザー側からの「もっとこうして欲しい」という意見がばんばん飛び出していました。

 

そしてワッフルを食べた

f:id:hitomicubana:20170804180112j:plain

あまりに濃い2時間を過ごしたので、セミナー後、ワッフルを食べた。

 

今回、初めて吉見さんのセミナーを受けて思ったのは、「稼ぐ方法」と言っても精神論や努力しろ的な体育会系のノリではなく、「いかに仕事を効率化して、ラクにしていくか」がテーマなんだなあ、ということ。

 

そこに至るまでの近道の方法を、時間いっぱい教えてもらった感じ。

吉見さん自身がシングルマザー時代にライターをはじめ、スキマ時間を有効活用してどんどん稼いでいった経歴がある。

会場もママさんらしき女性の姿が目立った。

f:id:hitomicubana:20170804181303j:plain

こんなに小ちゃくてかわいらしい山葵菜コウさんも、ママさんライターのひとり。

 

今回はランサーズ主催のセミナーだったけれど、「ランサーズだけが仕事を請けるすべてじゃないよ」ってスタンスが垣間見れたのもよかったな。

 

金額に関係なく「収入が伸び悩む壁」にぶつかっている人、またはこれからぶつかるかもしれない人に、有益な情報がたくさんあったと思う。

 

このセミナーに対する、ほかの方の感想を吉見さんがブログにまとめています。

ランサーズ×吉見夏実、月収20万円突破セミナーin 梅田の感想まとめ | YOSHIMINATSUMI.COM

 

え…そんなセミナーなら行ってみたかった…というあなたには、こちら!

8月11日発売の吉見さんの書籍、頑張っているのに稼げない現役ライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」がオススメやでほんま!

f:id:hitomicubana:20170804181624j:plain

おしまい☆

 

オマケ

セミナー後、私はウェブライダーさんとの打ち合わせのため、急ぎ京都に向かった。

そこで見たのだ…。

f:id:hitomicubana:20170804181755j:plain

/ マンドリル!\

 

伝説の、マンドリルを…。

f:id:hitomicubana:20170804181906j:plain

せっかくなのでかぶった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。